<< ルピシア「THE BOOK OF TEA for Ladies」 | main | 図説 英国ティーカップの歴史 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | |

紅茶スパイ

 「紅茶スパイ」というタイトルだけだとサスペンス小説かもと勘違いしますが、アヘン戦争直後の時代に中国に茶の製法と種を手に入れるために潜入したプラントハンターのロバート・フォーチュンの歴史ノンフェクションです。
 当時消費が急増した茶を手に入れるためガイドを雇い、辮髪をして変装して、途中トラブルに合いながらもお茶の産地に向かいます。
 そして、当時流通していた茶が化学物質で着色されていたことや
緑茶と紅茶は同じ品種のチャノキから取れることを発見します。
  
 茶(紅茶)がその後英国人のライフスタイルを変え(労働者階級のアルコール漬けから救った)など産業的にも歴史的にも大きな役割を考えると、訳者あとがきにある「現代でいうと腕利き産業スパイ」というのも理解できます。


こちらに参加しています
よろしくお願いいたします。
ブログ村 お茶・紅茶★ 

posted by: TeaFriend | 紅茶の本 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:37 | - | - | - | |
コメント
 









トラックバック
 
http://teafriend.jugem.jp/trackback/159